HR mics
高等教育、無償化の前に考えること
vol25表紙 vol26表紙
HR mics vol.25 HR mics vol.26
vol27表紙 vol28表紙
HR mics vol.27 HR mics vol.28

1章 教育無償化のこれまでと今後

§1.教育無償化論 その歴史と論点
§2.高等教育無償化の前に必要な、5つの転換

2章 一足先に高等教育無償化を果たした欧州社会はどうなっているのか

§1. ドイツは大学生の増加に職業訓練の刷新と職業大学の拡張で対応した
§2.社会的責任と経済原理のバランス
§3. 歴史背景と社会構造から欧州型教育×職務連携をとらえる

3章 高等教育と職業訓練の解はドイツにあり!

§1. ドイツ式職業訓練と就活の知られざる事実
§2. 職業大学経済学部はまさに就活予備校


 
HR mics REVIEW

5月16日(水)東京、23日(水)大阪 第29回HRmicsレビュー開催

プログラム≫

Part1

【テーマ】日本型の「結論を出さない」教育を活かした改革案 

今回の特集の趣旨を振り返りながら、無償化の流れ、世界の状況を再確認。

そして、日本に合った教育改善案を高校・大学それぞれについて考えてみます。

 【講 師】本誌編集長 海老原 嗣生

Part2

【東京会場】 

<テーマ>ドイツに学ぶ、社会的責任と経済原理バランス

なぜ、ドイツでは教育と職業の連携がうまくいったのか。システムの説明にとどまらず、

事例とデータでしっかり解説いただきます。そのうえで、本当の勝因をズバリ、語って頂きます。

<講師>山内 麻理氏(同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター 客員教授) 

 

【大阪会場】

<テーマ>フランスの職業訓練と高等教育の実情から、学ぶべきこと

フランスをはじめとした欧州各国の教育と職業の連携状況の解説をもとに、以下のような内容を予定しています。

フランス型の問題

独仏の比較からわかること

日本が欧州各国から学ぶべきこと 

<講師>夏目 達也氏(名古屋大学 高等教育研究センター教授) 


開催地:東京
開催地:大阪
ボタン:会場詳細 ボタン:過去のレビュー ボタン:参加申し込み
BOOKS

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える 



海老原 嗣生

文春新書


886円(税込)
2016/11発行

即効マネジメント:部下をコントロールする黄金原則

海老原 嗣生

さくま新書


821円(税込)
2016/05発行

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと:会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

海老原 嗣生
小学館文庫 プレジデントセレクト
616円(税込)
2016/05発行

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方


海老原嗣生(弊社代表取締役)
プレジデント社
1,728円(税込)
2015/03発行

なぜ7割のエントリーシートは読まずに、捨てられるのか?

海老原嗣生(弊社代表取締役)
東洋経済新報社
1,296円(税込)
2015/01発行

 
人事・経営のヒント
人事に役立つデータ
弊社HRmics編集部が活用している、人事に役立つデータを随時掲載

プレゼン資料集
ここでは、プレゼンテーションに活かせる資料を随時掲載

採用の達人
採用という観点から役に立つ情報を随時掲載