HR mics
M&Aがあるじゃないか!
vol27表紙 vol28表紙
HR mics vol.27 HR mics vol.28
vol29表紙 vol30表紙
HR mics vol.29 HR mics vol.30

1章 歴史を振り返る〜明治から平成まで、日本のM&A120年史〜

2章 「廃業より売る」「採用より買う」の理由

§1. 人も技術も、エリアも獲得できるM&A「成功の秘訣」
§2.もうハイパー人材にとどまらないアクハイアー
§3. 不動産譲渡時の税金学が大幅に削減できる

3章 M&A、気をつけねばならないこと

§1. 売却は金額ではなく「会社の存続」を軸に
§2.失敗しないM&Aの秘訣5カ条
§3. 絶対間違いが起こらない究極の企業査定法
§4. 相談・相手先紹介・進め方支援、すべて無料です


 
HR mics REVIEW

1月23日(水)東京、17日(木)大阪 第31回HRmicsレビュー開催

プログラム≫【東京・大阪会場共通】

Part1

【テーマ】M&Aが身近なものになる理由

従来のM&Aは、先端企業が戦略的に行う感じのものでした。ところが昨今は、普通の中小企業もM&Aを行うようになっています。その背景には、人手不足・土地不足と少子高齢化による後継者不足という「今流」の悩みがありました。その状況を整理します。

 【講 師】本誌編集長 海老原 嗣生

Part2

<テーマ>中小企業が生き延びるためにM&Aは重要な選択肢だ

中小企業同士のM&Aを多数手がけてきた笹川氏に、M&Aの妙味、成功事例をお聞きします。「どのような経営局面で」「どのような企業を」「どのように買うべきか」がわかるはずです。リソース不足に悩む現代の中小企業にとって、MAはもう普通の選択肢といえるでしょう。

<講師>笹川 敏幸氏(株式会社経営承継支援 代表取締役社長) 

Part3

<テーマ>銀行との上手な付き合い方がM&A成功のカギ
M&A
実施に際して有田氏は、「銀行との付き合いがキーになる」と言います。銀行は売買両側の企業の経営状況を長年にわたり見てきた結果、本物の情報を入手しているためです。銀行が進んで情報提供したくなるような関係づくり。その秘訣を伺います。

<講師>有田 耕一郎氏(株式会社フリーエム 代表取締役)


開催地:東京
開催地:大阪
ボタン:会場詳細 ボタン:過去のレビュー ボタン:参加申し込み
BOOKS

AIで仕事がなくなる」論のウソ〜この先15年の現実的な雇用シフト〜



海老原 嗣生

イースト・プレス


1,404円(税込)
2018/05発行

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える 



海老原 嗣生

文春新書


886円(税込)
2016/11発行

即効マネジメント:部下をコントロールする黄金原則

海老原 嗣生

さくま新書


821円(税込)
2016/05発行

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと:会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

海老原 嗣生
小学館文庫 プレジデントセレクト
616円(税込)
2016/05発行

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方


海老原嗣生(弊社代表取締役)
プレジデント社
1,728円(税込)
2015/03発行

 
人事・経営のヒント
人事に役立つデータ
弊社HRmics編集部が活用している、人事に役立つデータを随時掲載

プレゼン資料集
ここでは、プレゼンテーションに活かせる資料を随時掲載

採用の達人
採用という観点から役に立つ情報を随時掲載